かかとのガサガサを解消するために足首を温める!

◆無料プレゼント中
小冊子「外反母趾・開張足のための簡単セルフテーピング」

メルマガ登録で無料でプレゼント
メルマガ登録はこちら

冬になるとかかとのガサガサが気になりますね。
ストッキングやタイツを履こうとしても引っかかってしまう。
新しいストッキングを伝線させたりすると悲しくなりますね。

一般的に冬は乾燥するので、それだけでもかかとがガサガサになりやすいのですが、もう一つ冬特有の原因があります。

それは「冷え

冬だから寒いのは当たり前なのですが、それによって冷え性でない方も足先やかかとが冷えることがあると思います。

冷えるということは血行が悪くなっている証拠。
まずは足浴などで効率的に足を温めることが大事です。

スニーカーの靴ひもをキュッとしめてウォーキングに出かけるのもいいですね。

でもちょっと面倒。。。
時間がない。。。

そんなときはレッグウォーマーを履いてみるのはいかがでしょう?

パンツスタイルの時にはこっそりと(#^.^#)

スカートの時にはこんなファッションもかわいいですね。

 

「首」のつくところを温めると冷えを感じにくくなります。
手首、足首などですね。

マフラーをしていると少し薄着でも暖かく感じることがあると思います。

同様に足首を温めると下半身が暖かくなるのです。

ですので、レッグウォーマーは1足持っていると重宝しますよ。

「靴下の重ね履きでいいのではないか?」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、靴下は重ね履きすることで足が締め付けられてかえって血行が悪くなってしまうことがあります。

また、靴のサイズも変わってしまうのであまりお勧めではありません。

タイツを履く場合もレギンスなど足先のないものと靴下を組み合わせることで、靴のサイズを変えずに履くことが出来ます。

お試しくださいね。

◆無料メール講座
◆SNS フォローしていただけたらうれしいです(#^.^#)
(クリックできます)
   
     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です