靴の表示サイズはあてにならない!?

◆無料プレゼント中
小冊子「外反母趾・開張足のための簡単セルフテーピング」

メルマガ登録で無料でプレゼント
メルマガ登録はこちら

まずはこの写真を見てみてください。

どちらの靴のサイズが大きく見えますか?

ほとんどの方は左の靴の方がサイズ(足長)が大きく見えるんじゃないでしょうか?

右の靴のほうが履きつぶした靴なので少し靴の口が開いてしまって幅は広く見えるかもしれませんが、靴の長さは左の靴のほうが大きく見えると思うのです。

 

ところがこの2足。
まったく同じ21.5㎝なのです。
あくまでもメーカーの表示上は。

実はこれ、うちの子の靴なのですが、右の靴(21.5cm)が小さく感じてきたので買いなおしたのが左の靴です。

まずは、22㎝を最初に履かせてもらったのですが、足先がとても余っていたので、サイズを落として21.5㎝をだしてもらったらちょうど良かったのです。

つまり、サイズアウトしたので買いに行ったのに、実際に買った靴は、違うメーカーの同じサイズだったというわけです。

同じメーカーでも型番によってはサイズ感が全く違います。

試し履きってホントに大切ですね。

 

しかし、正しい靴のサイズ感がわからないと多少足に合っていなくても足が靴に合わせてしまいます。

多少窮屈であれば足を縮めます。
多少大きければ足指に力を入れて指を変形させてしまいます。

この感覚がわからないとせっかくの試し履きもピンと来ないかもしれません。

かかとを靴のかかとにしっかり合わせ、ひもをしっかり締める癖をつけると、少しずつ靴の正しいサイズ感がわかるようになってきますよ。

やってみてくださいね。

◆無料メール講座
◆SNS フォローしていただけたらうれしいです(#^.^#)
(クリックできます)
   
     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です