中学生のころから大きめの靴を履いていた結果・・・

◆無料メールマガジン
「病院では教えてくれない外反母趾・魚の目・タコ・巻き爪の秘密」
メルマガ登録はこちら

こんにちは。
フットボーテの藤井朋代です。

Web検索からおいでになられたお客様が
今日は2回目の施術でおいでくださいました。

1回目にいらっしゃったときは
足の指の先や指の付け根、指の上などに
多数のタコや魚の目ができていて
とてもお辛そうでした。

足指の爪は肥厚し、
爪の周りの皮膚は固くなり
どこまでが爪で
どこからが皮膚なのかも
わからないほど・・・。

ですが、

今回リピートしていただき
お話をきいたところ

「前回施術した後は
とても快適に過ごすことが出来ました」

とのこと。

さすがに
3週間もたつと
角質がついてしまい
つらくなったので
また来ました。

と。

このお客様は50代後半の方ですが
中学生のころから
大きめの靴を履いてスポーツを
されていたそうです。

そのことで
足が変形したり
タコや魚の目が出来てしまったことは
認識されていましたが

実際にサイズを測ったところ
2㎝近くも大きい靴を
履いていらっしゃいました!!

「前回測ってもらったサイズを元に
靴を買いなおしたのですが
前の靴(大きい靴)の方が
履き心地がいい気がして・・・」

とおっしゃるので

帰り際に一緒に靴を履いていただきました。
正しい履き方で!

すると指先にかなり余裕ができ
ご本人も「大きい靴を履いている」
ということをご理解いただきました。

そうなんです。
履き方で、靴サイズの感覚って
変わるのです!!

さらに、

立ち上がって一歩踏み出して

「歩きやすい!」

と言っていただきました!!

履き方を変えるだけで
靴の履き心地も
サイズ感も感じていただけるのです。

履き方ってホント大事です。

是非正しいサイズ、履き方で履いてくださいね。

もしご自身の足のサイズがわからないという場合は
カウンセリングにおいでくださいませ。

初めての方は
初回限定フースフレーゲコース
がお得でおススメです!

→ 初回限定フースフレーゲコースの詳細はこちら

足測定

足のカウンセリング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です