病院とサロンは使い分けが必要です

◆無料プレゼント中
小冊子「外反母趾・開張足のための簡単セルフテーピング」

メルマガ登録で無料でプレゼント
メルマガ登録はこちら

先日お電話でお問い合わせをいただいたお客様、

病院にも行ったら
魚の目はケアしてくれるんです。

ですが・・・

ちゃんとアドバイスをもらったり
何度も通ってでも
ちゃんとみてもらいたいんです!

とご予約をいただきました。
ありがとうございます。

そうですね、
残念ながら、病院はたくさんの患者さんがいらっしゃるので
ゆっくりと足の測定したり靴の選び方をアドバイスしたりは
してくれないことがほとんどです。

先生は確かな技術と知識をお持ちだと思うのですが
実際には一人一人にゆっくりと時間をとることができないのが
現状なんだと思います。

また、

保険とのからみもあるのか
例えば両足とも外反母趾傾向がある場合でも
右足だけ痛みがあり、親指の角度も進行している場合
右足だけにインソールを作成する
なんてことが発生していると
聞いたことがあります。

サロンでは
お客様の希望や悩みに寄り添ったケアが可能です。
ですので、病院でサロンを紹介してくださることもあるほどです。

逆に
病院の医師でしかできない処置もあります。

病院とサロンを
上手に使い分けていただけるといいと思います。

サロンでもケアできることがたくさんありますので
病院だけでなく
サロンもご活用くださいね。

◆SNS フォローしていただけたらうれしいです(#^.^#)
(クリックできます)
   
     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です