出産後パンプスがきつく感じる理由

◆無料メールマガジン
「病院では教えてくれない外反母趾・魚の目・タコ・巻き爪の秘密」
メルマガ登録はこちら

子どもを産んでしばらくたつと
パンプスがはけなくなった
という方が多いです。

しばらく履いていなかったから
久しぶりすぎて痛く感じる
ということもありますが

実は
出産によって足幅が広くなったから
ということがあります。

どういうことかというと
出産のときって
赤ちゃんが出てきやすいように
骨盤が開きますよね。

それは骨盤を開くようにと
ホルモン(リラキシン)がでるから。

そのホルモンは骨盤だけでなく、
体全体の骨にも影響を及ぼすのです。

「骨盤を開け~~~」ではなく
「骨をつないでいるじん帯をゆるめろ~~」って。

それによって「足」にも影響が出ます。

じん帯によって支えられていた足は
ホルモンによってゆるめられ
あるべきアーチがなくなってしまうことがあるのです。

結構影響が出やすいのが「横アーチ」

この横アーチがなくなると
ベターっと平べったい足になります。

はい、開張足ですね。

この状態、足裏にタコが出来やすいのです。

そして一度でき始めると
さらに皮膚を守ろうとして
皮膚が厚く硬くなっていきます。

出来ればこの時期に
スニーカーの靴ひもをきちんと締めて
履くことが出来れば
少しは違うんじゃないかと思いますが

現実には
ベビーを抱いたままとか
走り回る子どもを追いかけながらとか
とても靴ひもをゆっくり締めている時間は
ありませんよね。。。

だからせめて
タコや魚の目が出来ている状態は
回避できるといいなと思います。

子どもがいるから
足裏の角質ケアなんて受けられない!

と思っている方に
月に一度開催しているのが
ママトコタイムです。

お子様連れで来ていただける
ママのためのフットケアタイムです。

プロの保育スタッフがみてくれるのに
保育料は無料です!
(保育料はフットボーテが負担します)

今月は25日金曜日

って今週ですよ~~~っ!

→ 5/25(金)ママトコタイムの詳細はこちら

 

足裏のタコや魚の目が痛くて・・・
という方はぜひサロンにいらしてくださいね。

おひとりでおいでになれる方は
通常サロンにて承ります。

→ サロンのご予約はこちら

 

サロンが遠くて行けない・・・
という方はぜひテーピングを試してほしいです。

→ テーピングについての詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です