魚の目・たこが足裏に出来る人の特徴と対処方法

◆無料プレゼント中
小冊子「外反母趾・開張足のための簡単セルフテーピング」

メルマガ登録でプレゼント
メルマガ登録はこちら

魚の目やたこが足裏に出来る人は、
外反母趾や開張足になっていることが多いです。

その場合、
魚の目やタコができやすい場所は

・人差し指と中指の付け根部分
・親指と親指の付け根
・小指の付け根

などです。

魚の目・たこの出来やすい位置

これはいろいろな原因があるのですが
一言で言ってしまうと

足のアーチが乱れている状態にあります。

例えば

土踏まずがなくなって
偏平足になっていたり

横アーチがくずれて
開張足になっていたり

ということです。

そのために外反母趾になっているかもしれませんね。

 

痛みが出る前に対応できるといいのですが
もし痛みが出ている場合は

テーピングやインソールを
活用すると楽になる場合が多いです。

インソールは市販のものではなく
出来れば
あなたに合わせて作られたものだと
より効果を感じますよ!

テーピングに関しては
いろいろな方法があるのですが、

手間やテープの跡がつくことなどが理由で
敬遠される方もいらっしゃいますね。

実は私もそうでした(;^ω^)

ですが、
テーピングは本当に有効なんです!

そこで、
テーピングの手間や
使うテープの長さ
テープ跡がつきにくい巻き方
自分でも簡単にできる
などに考慮して試行錯誤して

施術後にお客様にご案内してきた
テーピング方法があります。

お客様に大変喜んでいただき

「外反母趾の痛みが楽になった!」
「テーピングをしていたら足指がまっすぐになった気がする!」
「テーピングしている日は足裏の魚の目が痛くなりにくい!」

などとうれしいお声をいただいてます!!

もしかしたら
あなたのお役に立てるかもしれないと思い、

このテーピング方法を
小冊子「外反母趾・開張足のための簡単セルフテーピング」
にまとめてみました。

メルマガご購読に方に
期間限定で無料でお渡ししています。

よろしければぜひメルマガにご登録くださいね!

→ フットボーテ メールマガジンご登録はこちら

◆無料メール講座
◆SNS フォローしていただけたらうれしいです(#^.^#)
(クリックできます)
   
     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です